平成23年度 新国立劇場地域招聘公演 仙台オペラ協会 「鳴砂」

タイトル 平成23年度 新国立劇場地域招聘公演 仙台オペラ協会 「鳴砂」
日時 2011/07/31(日) 15:00 開演
会場 新国立劇場 中劇場
入場料 全席指定 
S席:¥9,450 A席:¥7,350 B席:5,250 C席:3,150 Z席:1,500(当日のみ)
プログラム 「鳴砂」
菅原 頑 原作  岡崎 光治 作曲/脚色
出演 芸術監督 佐藤 淳一
指揮 山下 一史
演出 岡崎 光治 

キャスト
ミナジ:佐藤 淳一  イサゴ:佐藤 順子 ナギサ:工藤 留理子  
エテル:横山 いずみ ジサク:鈴木 誠  トマ:遠藤 典子
浜長:高橋 正典  山伏:野崎 貴男 
イソスケ:後藤 均 ナミロク:吉野 信雄 シオタ:佐藤 祐貴 ハマトウ:菊地 亮
アヤメ:松本 康子 アヤギ:相澤 優子 タマモ:小野 綾子 マツモ:菊池 万希子
黒い男:山田 正明

黙役(虎舞):籾江道子モダンバレエ研究所
合唱:仙台オペラ協会、仙台放送合唱団、 NHK仙台少年少女合唱隊
管弦楽:仙台フィルハーモニー管弦楽団
副指揮:向山 正志 演出補:渡部 ギュウ
参加メンバー
お問合せ 新国立劇場ボックスオフィス
TEL:03-5352-9999
HP:http://www.nntt.jac.go.jp/opera/

平成23年度 新国立劇場地域招聘公演 仙台オペラ協会 「鳴砂」 平成23年度 新国立劇場地域招聘公演 仙台オペラ協会 「鳴砂」

※以下、新国立劇場HPより抜粋
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/20000471_opera.html

全国各地の優れた作品を新国立劇場との共催で上演する「地域招聘公演」。第1回目の平成17年度から7回目となる平成23年度公演には、仙台オペラ協会を 招聘いたします。演目は1976年に発足した協会が10周年を記念して委嘱上演した『鳴砂』(作曲:岡﨑光治)の改訂再演です。この作品は、東北地方のあ る漁村を舞台に繰り広げられる男女の悲恋物語ですが、同時に人間の欲望とエゴにより、美しい自然の象徴でもある「鳴砂の浜」が汚され鳴らなくなってしまっ たことを、私たちに自然環境保護への警鐘として投げかけています。
仙台オペラ協会は、毎年秋の本公演の他、協会独自の小編成オペラやガラコンサー トで構成された「春のインテルメッツオ」、仙台市の芸術祭や県内の地方公演に参加することによって、地域の音楽、芸術振興に寄与し、多くの人々に喜ばれ, 愛される活動を続けています。現在は、佐藤淳一を芸術監督に置き、2010年9月19日、20日に本拠地仙台(東京エレクトロンホール宮城)にて第35回 公演『鳴砂』を上演。2011年7月の新国立劇場公演では、更なる磨きをかけた作品が上演されることでしょう。仙台フィルハーモニー管弦楽団も新国立劇場 初登場となります。